【WEBデザイナー】未経験でもフリーランスになれる?

WEBデザイナーになりたいという方の理由を聞くと、「独立したい」や「フリーランスになりたい」という希望もよく聞きます。

筆者は、数社のデザイン事務所や制作会社勤務を得てフリーランスになりました。

その視点から未経験でもフリーランスとして働くことはできるのか、記事を書かせていただきました。

WEBデザイナー未経験でもフリーランスになれる?

WEBデザインという仕事は、在宅でも仕事しやすく、また商売をはじめる上で元手がほとんどいらないので、独立やフリーランスでの開業もしやすいのが魅力の一つです。

ですが結論から言いますと、私は未経験での独立やフリーランスでの仕事はオススメしません。

WEBデザインの技術は、独学やスクールなどで習得することができます。

ところが、実際にWEB制作の仕事を受注して製作、納品までするとなると「制作以外の仕事」が多く発生します。

受注してから納品までの流れというのは、スクールなどでは習得することができず、やはり現場で体験することで身につくことだなと思います。

・クライアントからのヒアリング

・見積もりの出し方

・クライアントの希望を聞き、提案する

・クライアントの要望から制作側への落とし込み

・案件によってはマニュアルや仕様書・テスト仕様書の作成

・スケジュール管理

この辺りは、実際に働くことで見たり経験したりすることで身に付けることができたスキルです。

WEBデザイナーの仕事というよりは、「営業」や「プロデューサー」「WEBディレクター」の仕事になってきます。

制作会社では、これらの職種の方が働いており、一緒に仕事することで、クライアントとどんなやり取りをしていて、そこから自分にどんな指示が飛んでくるのか、などに触れることができ大変勉強になりました。

会社や、各個人によってもやり方に幅があり、これが正解!というものはないので自分がやりやすいと感じたディレクションなどを参考にしています。

以上のことから、スクールや独学では習得が難しい「仕事の流れ」を身につけるため、一度は制作会社などでの経験を得てからの独立・フリーランスでの仕事がオススメです。

未経験でもフリーランスになりたい!

とはいえ、未経験でもフリーランスになりたい!という方もいるかと思います。

未経験でもフリーランスで成功するには必要なものをお教えします。

制作実績を作る

未経験フリーランスに必要なもの。それは何よりもまず、作品になります。

実務経験はなくとも、しっかりとした制作物があり、仕事を任せられるスキルがあるということを証明することが必要です。

横のつながりを作る

先輩フリーランスの方とのつながりを作っておくことで、仕事につながることもあります。

また、孤立しがちなフリーランスなので、情報交換できる相手を持っていくことは心強く、スキルアップにもつながります。

得意の分野を作る

WEBデザインの仕事は、コーディんやフロントエンド、デザインなどが一括りにされがちです。

全部できる!というのは心強いですが、何か得意な分野がある方が仕事を依頼されやすくもあります。

「コーディングが早くて正確」「WordPressのカスタマイズが得意」「〇〇系のデザインが得意」など、日頃から主張しておくことで、当てはまる仕事発生した場合に回してもらえる可能性が高くなります。

 

おすすめの記事
ウェブ製作にオススメの本
WEB
勉強に使用した本 ネットの情報でも十分ですが、これは読んでほしい!という書籍を紹介します。 Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンW...